宮崎県宮崎市佐土原町は、かつて 日向国(現在の宮崎県)の中心地で あり、数々の神社や遺跡が残ってい る地域です。 古くは田島氏、伊東氏、そして江 戸時代には佐土原藩主・島津家(3 万石)の統治による城下町として栄 えました。 島津家といえば薩摩藩が有名です が、佐土原島津家も、関ケ原の戦い で知られる島津豊久をはじめ、戦国 の世から明治維新に渡るまで、多く の伝承や逸話を生み出した由緒ある 藩であり、この地には独特の文化が 長年にわたって培われてきました。 また、佐土原町の上田島には島津 家の居城「佐土原城」がありましたが、 「南九州には天守のある城はない」 とされていたものの、平成8年の発 掘では天守台跡などが見つかり、日 本最南端の天守台を持つ立派なお城 であったことが確認されました。現 在では、城跡に歴史資料館が建ち、 その歴史を伝えています。

創業以来 まごころこめて
私共は創業以来、この地で醤 油・味噌の製造を営む醸造元です。 昔ながらの味を大切に、また伝 統を元に新しい味を創造しなが ら、地元の皆様はもちろん、多 様な地域の方々へ商品をお届け させていただいております。長年、 親しまれた醤油・味噌をはじめ、 Aロわせ調味液等、品揃えもいろ いろございます。 一品一品まごころ込めて作り 上げた当社の商品を、食卓でご 愛用賜りますようお願い申し上 げます。

郷土自慢
愛宕神社の夏祭り ダンジリ喧嘩 
愛宕神社の夏祭りで、約 1トンもある赤青のダン ジリがぶつかり押し合う 勇壮な喧嘩祭りです

また、藩主から庶民に至 るまで慕われた稀代の 名僧「湖月禅師」が残し た「いろは口説き」とい う人生訓は、現在でも佐 土原の盆踊り唄として 残っており、城の駅「佐 土原いろは館」の名前の 由来にもなってます。
佐土原人形
佐土原町で作られている 郷土人形です。1567 年慶長の役の際、朝鮮か ら移り住んだ高麗人が人 形を作ったのが起源だと 言われています。

鶴松館
佐土原城一一の丸居館の一 部を復元した歴史資料館 です。掛け軸昇風・鎧 兜といった佐土原島津家 の調度品や佐土原人形な どを展示しています。